未分類

温活で得られるアンチエイジング効果をご紹介

更新日:

この記事では温活にはアンチエイジングの効果があるのか?温活について詳しくご紹介しています。

「最近よく聞く温活にアンチエイジング効果があるって本当?」

「温活にどんな効果があるの?詳しく知りたい!」

と、悩んでいませんか?

この記事でその悩みを解決します!

特にチェックしたのが、

  • 温活のメリット
  • 体の外から内から温める
  • アンチエイジングの効果

となっています。

温活でのアンチエイジングが本当に自分にマッチするのか参考までにぜひご覧ください。

温活のメリット

温活(体を温めること)でどのようなメリットがあるのでしょうか。

血流の促進

体が温まると血管が広がり血流が良くなり、心臓の働きも強くなります。血流が良くなると酸素や栄養素を細胞にスムーズに運べ、老廃物の排出が活発に行われます。細胞に栄養素が周り、老廃物が排出されることで美肌効果が期待できます。

緊張状態の筋肉が緩まる

無理な体勢などで生じる肩こりなどは、体を温めることで緊張状態の筋肉が緩まります。肩こり解消に効果があります。

冷え性改善

冷え性で悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。肥満やむくみ、生理不順、不妊、頭痛、肩こり、免疫力の低下など様々な不調の原因になります。体温を上げることで不調は改善されると言われています。

 

体の外から内から温める

どのように体を温めることが効果的なのか、方法をご紹介します。

冷たい飲み物、食べ物を避ける

口から冷たい飲み物、食べ物を取り込めば体内は温まりません。いつも氷を入れて飲み物を飲んでいる人は常温にしてから飲むことを心がけましょう。またクーラーで体が冷えている夏も冷たい食品は避けた方がいいでしょう。

体の中心から温める

手軽に温める方法としてホッカイロで”お腹”を温める方法です。内臓や血液が集まっているお腹を温めることで、体中を巡る血液を温められ効率的に全身を温めることができます。また腸には体全体の70%のリンパ球が存在している為、温めることでリンパ球の働きが活発になり免疫力アップにもつながります。

温活におすすめ食品、避けたい食品

温活におすすめの食品はこちらです。

  • しょうが
  • ごぼうやニンジンなどの根菜類
  • 唐辛子
  • 純ココア
  • 納豆やキムチなどの発酵食品

逆に避けた方がいい食品はこちらです。

  • コーヒーなどのカフェインドリンク
  • 白砂糖
  • アルコール
  • レタスやキュウリなど
  • 洋菓子

赤やオレンジなどの暖色系の食べ物は体を温める作用が期待できるものが多いと言われています。逆に青・緑・白などの寒色系の食べ物は体を冷やすと言われています。食品を選ぶ規準にしてみてください。

アンチエイジングの効果

体を温めるとどのような効果が期待できるのでしょうか。

便秘解消

体内が冷えると内臓の働きが低下し、腸の善玉運動の働きが悪くなります。また血流が悪い為、腸内環境が乱れることが便秘の原因です。温まることで腸内の働きが活発になり便秘が改善されます。

しみ・しわ・乾燥予防

冷えは代謝の働きも下げます。肌の生まれ変わり(ターンオーバー)ができないことが、しみ・しわ・乾燥の原因です。血流がよくなり代謝が上がることで活発なターンオーバーが期待できます。

薄毛・白髪予防

冷えは頭皮の血行不良も誘発します。体内の血流が活発になれば頭皮に十分な血液が流れ、髪の悩みの解消も期待できます。

温活のまとめ

温活とアンチエイジングの効果についてご紹介しました。体を温めることで様々な不調の改善が期待できます。普段の生活に取り入れやすいものも多くありますので、是非温活を取り入れてみてください。

 

-未分類

Copyright© ずーっと笑顔な私生活 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.